2018年度:ヒラタクワガタの飼育記録

ヒラタクワガタの雄

ヒラタクワガタの雄

ヒラタクワガタの飼育記録(2018年)

学名:Dorcus titanus pilifer

 

基本的な飼育方法は以下の記事にまとめています。

ヒラタクワガタの飼い方:産卵・幼虫飼育など繁殖のさせ方について
ヒラタクワガタの入手 野外でヒラタクワガタを採集する 地域にもよりますが、ヒラタクワガタは5月の初めごろから野外で活動をはじめます。基本的には昼間のうちに樹液が出る木をみつけて、夜に見回ります。木のうろや樹皮の隙間に隠れていることが多いので、慣れないうちは発見が難しいかもしれません。 ...

 

ヒラタクワガタの飼育記録 序

4年前に採集した野外採集品64mm雄と前から飼育していた雌の掛け合わせの血統です。はじめのころは特大個体が得られることを期待していたのですが80mmの大台を超えるのは難しいかもしれません。

 

本土のヒラタクワガタはどことない可愛らしさがあるのも魅力の一つだと思います。そういった雰囲気も殺さないように、できるだけ大きくしたいものですね。

 

2018年5月1日

雄と雌を同居させて交尾させる。

 

5月8日

エサ皿の下に仲良くかくれていたので交尾していると判断し、別居させる。

 

5月10日

連休後に組んでいた産卵セットに雌のみを入れて、1カ月様子見する。

 

5月13日

産卵確認。3日でケースの底から卵を確認。

問題なく産卵しているようなので、6月に入るまでそのまま放置予定。

 

かわいいワラジムシの飼育と繁殖:餌によし、ペットによし。
ハエトリグモの孵化直後の幼体に与えることのできる餌が無かったという経験から幼体が非常に小さいワラジムシ、トビムシの飼育を始めました。ワラジムシを飼育し始めて半年以上経過し、安定的に繁殖させることができるようになったので私の飼育方法を紹介します。 ワラジムシとは ワラジムシは厳密に...

 

 

 

 

コメント