フィリピンオレンジ Orphnaecus philippinus

フィリピンオレンジ Orphnaecus philippinus

フィリピンオレンジ Orphnaecus philippinus

フィリピンオレンジ Orphnaecus Philippinus

フィリピンに生息するアースタイガーです。

フィリピンオレンジ以外にもコモンネームが付いているようでフィリピンタンジェリンとも言われています。

 

コモンネームの通り綺麗な橙色をしています。でもね、地味。ウサンバラみたいなド派手な煌めきはありません。緻密な毛が生えそろっていて果物のキウイみたいな感じです。

 

キウイと聞くと興味が薄れると思うんですが表現は間違っていないと思います。腹部みてくださいよ。

 

 

原産地がフィリピンなので、適当に高温多湿で飼っています。

でもね、フィリピンって広いし場所によっては標高もありますから何とも言えません。とりあえず問題なく成長はしています。

 

性格は臆病な感じです。突いても威嚇しないで逃げ回ります。

扱いにくいと感じたことはありません。

 

大きめの巣穴を作ってくれるので飼っていて楽しいです。穴を掘るだけではなくて上に向かって伸ばしてくれますから、このクモのサイズから想像しがたい思いのほか大きな巣になります。

 

 

海外の情報で成体と言われているサイズに迫っているのですが脱皮殻めちゃくちゃにするので雌雄をまだ判別できていません。多分雌だと思うんですけどね。

 

 

よく読まれている記事

タランチュラとは?画像アリ:種類・毒性・寿命・天敵・飼育について
タランチュラと聞くとどんなものを連想しますか?実物のタランチュラを見たことが無い方はおそらく「毛むくじゃらの人殺し毒蜘蛛」とかそれに近いものを思い浮かべると思います。 しかしながらそのイメージは映画の話で、実際はそんなに強烈な毒をタランチュラは持っておらず、日本でも特別な許可なくペット...

 

コメント