オーベルチュールオオツノカナブンの飼育・産卵・幼虫飼育について

オーベルチュールオオツノカナブンは、上翅がオレンジ色かレモン色のベタ塗り1色のタイプと、それらの色にさざなみの様な紋の出るタイプがいる色鮮やかなツノカナブンです。オーベルチュールハナムグリと呼ばれることもあります。

オーベルチュールオオツノカナブン

オーベルチュールオオツノカナブン

昔は標本でさえも入手こんな昆虫で、100万円以上の価格で取引されていました。生体が盛んに日本国内に輸入されていた2000年はじめでも、野外採集品のペアで数万から10万円前後ので販売されていました。飼育が盛んになった今では1ペア1万円もあれば入手できるようになっています。

オーベルチュールオオツノカナブンの飼育

Mecynorhina oberthuri

Mecynorhina oberthuri

Mecynorhina oberthuri

タンザニア

 

幼虫飼育

オーベルチュールオオツノカナブンの幼虫は通常のカブトマットで羽化まで飼育することが可能です。サプリメントとしてドッグフードなどのタンパク質を与えた方が大きくなります。

しかし頻繁に世話をしないとダニが大量に発生してしまうので、マット以外の餌を与える時は注意が必要です。ちなみに1枚目の画像の個体は65㎜前後で、餌はマットのみを与えて羽化させました。

 

コメント