デュビアが増えないと困っている方に読んでほしい記事

デュビアが増えない

これ読めばデュビアをバチバチ増やせて大金持ちになれる、そんな記事のタイトルですがお許しください。デュビアが増えなくて悩んでいる方が一定数いるようなので、記事を作ってみました。

 

あ、自分プロじゃないっすからね、何年もデュビアを飼ってきて自分が間違っていたことを直していったら、デュビアが自然と増えるようになったよっていう記事です。

 

デュビアが増えにくくなる原因と改善法を5つ挙げています。

 

数が足りていない

飼育スタート時の数が少ないと繁殖が軌道に乗るまで時間がかかります。単純な話ですが親の数が少なければその分子供の数も少なくなります。

 

成虫数百匹と幼体少しくらいから始めるのがいいと思います。

水をあげていない

初めてデュビアを飼育した時はネット上に転がっている情報を鵜呑みにして水をあげていませんでした。まぁーすぐに死んだよね。しかも餌に使ってたから増える前にすべていなくなった。

 

水容器を設置するようになってからスムーズに増えるようになった気がします。カビや汚れの原因になりますがちゃんと世話をしていれば大丈夫です。自作の給水器の作り方は以下のページで紹介しています。

低予算で自作可能!コオロギやデュビアなどで使える餌昆虫用自動給水器

 

水容器じゃなくても昆虫ゼリーを与えて水分を供給できます。餌にもなるし与えるのに手間もかからないので扱いやすいです。オススメの昆虫ゼリーは以下の記事で紹介しています。

昆虫ゼリーおすすめ銘柄ランキング5選:値段・扱いやすさ・成分重視
カブトムシやクワガタムシなどの昆虫を飼育するときに、メインの餌として昆虫ゼリーを使用しているかと思います。手軽に与えられる昆虫ゼリーですが、高タンパクなゼリー・食いつきがいいゼリーなどを各メーカーが販売していてどのゼリーが本当に良いのか迷っている方も多いと思います。今回は今まで自分で...

 

増える前に餌に使っている

増える前に餌に使っている。私は与えていました。

小さい個体いっぱいいるしいいっしょ!とか調子に乗ってあげまくっていました。

 

そしてなにもいなくなった・・・

 

デュビアは成虫になるまでに時間がかかるので生まれたばかりの幼体を与えていると次の親になる個体が減ってしまいます。少子高齢化現象がデュビアの飼育ケース内で起きているわけです。

 

 

餌の量が足りていない

1匹が食べる量なんてしれていますが、数百匹となると結構な量を消費します。100匹いるのに50匹分の餌しか入っていなければ満足に食べれません。そのせいで成長するのに時間がかかってしまいます。

 

餌をあげる時はちょっと余るかなぁと思う位の量を入れましょう。で、次に世話をするときにアホみたいに余ってたら少し減らして最適な量を探していきましょう。

 

温度が低い

25℃以上ないと増えにくいです。ほんとに。

いつまで幼虫やってんだってくらい遅い。

 

夏にはスムーズに増えるのに、秋や冬になると全く増えないという場合は温度が原因である可能性が高いです。

 

ヒーターを使えば即問題は解決します。買いましょう。

私は年中ヒーター(ピタリ適温)を稼働させてます。ケース内を乾燥させることもできるので湿気対策にもなります。

 

まとめ

私が経験してきたことを書いてみました。

 

特に温度は重要です。他のすべてに問題がなくとも、温度が低ければいつまでたってもデュビアの数は少ないままです。

 

書きなぐったので読みにくいかもしれません。

気が向いた時に修正していきます。

【爬虫類の餌】 自家繁殖可能!デュビアの飼育・繁殖方法!床材や温度、餌について~
数日前にデュビアの特徴について記事を作りましたが、あまりに長くなってしまったため、温度や餌、床材を使うかなどといった飼育や繁殖の方法についてはこの記事でまとめようと思います。前回の記事はコチラ ↓↓ 【爬虫類の餌】ほんとに簡単に増やせるの?デュビアの特徴とメリット・デメリット~...

 

 

 

 

 

 

コメント