ハエトリグモを飼育していると人になつく?に対する答え

アダンソンハエトリグモ

アダンソンハエトリグモ

ハエトリグモの飼育記事をブログに掲載していると数少ないながらも飼育関連で来てくれている方がいます。アクセス解析をみると「ハエトリグモってなつく?」というワードで来ている方がいたので需要があるかと思い、記事にしました。

 

ハエトリグモの飼育方法については以下の記事で解説しています。

ハエトリグモはかわいい!飼育方法・餌・産卵について

 

ハエトリグモは人になつく?

結論から申し上げると、ハエトリグモは人になついたりしません。

えっ、手に乗っかってきたり、砂糖水あげたら喜んで吸い付いてくるのに?ちょっかいを出してもハエトリグモはそれほど嫌がっているようには見えないのに??

 

分かる。その気持ちはよく分かります。正直私だって手に乗られると嬉しい。そのつぶらな瞳で擦り寄られるとつい懐いていると感じてしまいます。しかし寂しいことですが、それは私たちがそう感じているだけにすぎません。

 

手に合わせて動くのはただ単に動いている手に反応したりしているだけです。犬や猫のように顔を覚えてくれて自分から擦り寄っているわけではありません。餌としてみているか、自分より大きな存在を警戒しているだけでしょう。

 

それに、多くの生物にあてはまることですが、他の生物と触れ合う時は殆どの場合何かを捕食している時、交尾のとき、何かに捕食されたときです。捕食されたときっていうのは死を意味しますから、避けたいでしょうね。

 

というわけで、ハエトリグモを飼育していても懐きません。タランチュラとは違って触れ合うことはできますが、飼育者の顔を覚えてくれたり、好意をもって接してくれているわけではありません。

 

ハエトリグモの関連記事はこちら

ハエトリグモハンドブックは家に出るハエトリグモの種類が知りたい方におすすめの図鑑です

ハエトリグモが産卵して、孵化してくれたけど死なせてしまった。

 

コメント