ハエとり棒(アース製薬)でコバエを駆除!粘着力が長く続きます

この記事を読んでいるあなた!風呂場や台所でコバエに悩まされていませんか?台所だとスプレータイプの殺虫剤を使用するのを躊躇ってしまいますよね。そこで今回は殺虫成分が含まれていないハエ・コバエの駆除用品、ハエとり棒を紹介したいと思います。私が実際に使ってみて効果が上がっている物なので、お勧めできます。

ハエとり棒は、ハエの習性を利用して粘着棒の色と誘引効果でハエ・コバエ(ショウジョウバエ・ノミバエ)を誘い捕獲する害虫駆除アイテムです。見た目によらずかなりコバエがとれます。公式サイトによると効果は約3ヵ月間持続するようです。

使い方

開封すると赤いストローのような棒が4本とそれを挿すための金属の土台が入っています。このハエとり棒の使い方は、赤い棒についているシートをはがして、土台に挿すだけです。金属の土台の中にワイン・黒酢などの誘引物を入れると効果がより高まります(いれなくてもとれました。)。

シートをはがしたときに、シートの方にも粘着成分が持って行かれてしまいますが、問題ありません。説明にもそう記載されていますし、家で使った時はそれを感じさせない位コバエがとれました。

ハエトリ棒のいいところ

ちゃんとコバエがとれる

証拠画像として、実際に使用したときの画像を掲載します。コバエがよく出る部屋に置いてあったので、赤かった棒がほぼ真っ黒になる位とれています。

ハエトリ棒でかなりの数のコバエを駆除しました。

ハエトリ棒でかなりの数のコバエを駆除しました。

長期間粘着力が続く

使用期限は3カ月ありますが、1年近く経過しても開封時と粘着力が変わりません。なのでよっぽど大量にコバエが発生していない限り1シーズン戦えます。

設置が簡単・軽量・省スペース

フィルムをはがしてストロー挿してすぐ設置できます。

小さくて軽いので移動させるのも楽ちんです。

ハエとり棒の難点

正直ココが欠点!という目立つところが思い浮かびません。強いて言うなら、粘着力が強すぎて女性の場合少し苦戦するかもしれないということと、粘着棒がむき出しなので、カーテンなどの風で動く物の近くに置いておくとくっ付いてしまう恐れがあるということです。あと自由気ままに動き回る猫を飼っていると猫がかかってしまうかもしれませんね。そんくらいかな。

最後に

ハエとり棒の特徴とメリット・デメリットを上げてみました。しっかりコバエが採れることが分かったと思います。もし使ってみて取れなかったときは、置き場所を変えてみたり、発生源と思われるものを取り除いてみて様子を見てみてください。設置も簡単で、軽くてあまり置き場所を選ばないので活躍してくれるはずです!

関連記事

コメント