ジャイアントミルワームの飼育・繁殖方法!床材や温度、餌について~

以前にジャイアントミルワームの特徴について記事を作りましたが、長くなってしまったため温度床材は何を使うかなどといった飼育繁殖の方法についてはこの記事でまとめようと思います。前回の記事はコチラ ↓↓

ジャイアントミルワームの特徴・販売店・価格について紹介!

 

ジャイアントミルワームの飼育に使う道具

ジャイアントミルワーム

ジャイアントミルワーム

通気性がいい飼育ケース数個(成虫・幼虫用)

基本的にジャイアントミルワームの成虫・幼虫に脱走されなければ問題ありません。ただし、湿度を高くして飼育した場合瞬く間にダニが発生してしまうので、通気のいい容器を使います。

 

小分けできる容器(蛹化用)

ジャイアントミルワームは過密飼育していると蛹になってくれません。蛹化させるには1匹ずつ小分けする必要があるので、幼虫飼育用とは別の容器が必要になります。

 

ジャイアントミルワームの床材としてふすま・パン粉

ジャイアントミルワームの床材は割と何でもOKです。発酵マット・米ぬか・ふすま・パン粉などで試したことがありますが問題なく成長してくれました。

個人的には安価で大量に手に入るふすまがオススメです。床材は餌の役割もありますがペットに与えるには栄養価に不安があります。別で与える餌についてはジャイアントミルワームに与える餌についてをご覧ください。

ザルか篩い

床材からジャイアントミルワームを取り除くときに使います。使いやすい篩は「昆虫飼育でも便利な篩」で紹介しています。

 

餌として使うときに適当な場所をすくうといくつか引っかかります。ついでに死骸や食べかす・脱皮殻もかかるので取り除きます。

 

ピンセットかスプーン

ジャイアントミルワームの幼虫・蛹を移動させるときに使います。手を汚さなくていいので私は使っています。

ピンセットの方が扱いやすいですが、力加減によっては弱らせてしまうので注意が必要です。

ジャイアントミルワームの飼育環境

飼育温度

私はノーマルのミルワームと同じ25-27℃で管理をしています。冷蔵庫の中みたいな低温はダメです。棒みたいになって死にます。

 

湿度

私はダニの発生が嫌なのでなるべく乾燥状態で飼育をしています。普通のミルワームより気持ち高めの湿度で飼育した方が成長がいいです。

 

ジャイアントミルワームの餌

肉・野菜・魚・ご飯など人が食べれるものはほぼ何でも食べます。床材だけでも成長してくれますが、死亡率が高くなる印象です。また、餌としての栄養価にも不満があります。

 

ミルワームは栄養価に偏りがあるようで、カルシウムが少なくリンを多く含んでいるので、トカゲやヤモリに長期間ミルワームだけを与えているとクル病になるらしいです。

 

栄養価を少しでも補うために私はフスマにカルシムと高蛋白源を添加したミルワーム専用の餌を与えています。それに加えて、水分の供給と栄養補助をかねて新鮮な野菜を与えています。

 

ジャイアントミルワームの繁殖

幼虫から飼育し始めることを仮定して話を進めます。

先に紹介したジャイアントミルワームの飼育に必要なものが準備できたら、ケースの中に床材兼エサをケースの半分程度入れます。そして買ってきたジャイアントミルワームを入れるだけです。

 

大量に繁殖させたい場合は更に手間をかけ、蛹・成虫(産卵時)になった時に別の容器に移し替えてあげると共食いを防げるので繁殖しやすいです。

 

ジャイアントミルワームを蛹化させる

数多くまとめ飼いしていると幼虫から蛹になってくれません。蛹化させるには幼虫を個別で管理する必要があります。ルアーケースなどを使うと効率よく個別管理できます。

 

1匹ずつに分けるタイミングは、幼虫の大きさが5cm以上になっていて体が黒っぽくなってきた頃です。タイミングを見極めるのは慣れないうちは難しいと思います。

 

1週間程度個別管理しても蛹化の兆候が見られなければ、再度まとめがい容器に戻しましょう。

 

ジャイアントミルワームの成虫

ジャイアントミルワームの成虫(羽化不全)

ジャイアントミルワームの成虫(羽化不全)

ちなみに成虫になると脚を使って歩き回ります。2枚目に紹介している個体は翅が綺麗に閉じていませんがこの程度であれば大きな問題はありません。

 

ひっくりかえってしまうと自力で起き上がることができないので、個体数を過密にするか朽木の欠片などを入れておいた方がいいです。

 

朽木であれば幼虫の餌にもなりますし、その下に幼虫が集まってくれるので餌として与える時の手間が減ります。

ジャイアントミルワームの成虫

ジャイアントミルワームの成虫

ちなみに羽化したばかりの成虫は赤っぽい色をしています。この状態は体が柔らかいので衝撃を与えてはいけません。

 

飼育容器メンテナンス

日々のメンテナンスとしては、死んだ幼虫・成虫がいたら取り除くこと、幼虫の餌が十分にあることを確認することくらいです。

 

餌が足りなくなった場合は、ふるいにかけて幼虫・成虫のみを取り除いた後に新しい容器に移し替えます。

 

使用済みの床材に卵や幼虫の取りこぼしがあるとよろしくないので私は熱湯をかけてから殺虫してゴミ箱に捨てています。

 

こんな感じでジャイアントミルワームを飼育しています。成虫にせずに幼虫の状態でながく保存・キープしたい方には、

ミルワームを長期保存しよう!ミルワームのキープ方法について! – ムシクイアナの記事がオススメです!。ジャイミルは長期間冷蔵庫に入れてはいけませんよ!

 

 

普通のミルワームについては「ミルワームとは.特徴と状態の良い個体の入手・販売店・値段」という記事で紹介しています。

コメント