ピクタの自動給水器を買ったのでレビュー:自作品との使用感比較

ピクタ 自動給水器説明書

今までは自作の給水器を使っていましたが、市販されているピクタの給水器も使ってみたかったので購入しました。

 

給水器の作り方は「低予算で自作可能!コオロギやデュビアなどで使える餌昆虫用自動給水器」のページで紹介しています。

 

今回購入したのはピクタが販売しているコオロギ用自動給水器です。マイクロ、ミニ、大の3つのサイズが販売されていて、私が購入したのは大の方です。

 

コオロギ用とありますがデュビアやレッドローチにも使えます。

 

詳しい商品特長は「ピクタ:自動給水器」で見てください。

上記公式ページには旧型からの改良点などが書かれています。

 

ピクタの給水器を買った理由

 

だってほら、使い易そうじゃん。

前の規格からバージョンアップされてて形もスタイリッシュだし。

なにより一番は

 

市販品の完成度に浸りたい

 

そんだけ!

しっかり作りこんだ自作給水器には不満が無かったので。

大した金額じゃないのでついでに買っちゃいました(自作した方が安上がりではあります)

 

使い方

初めて使う前に、ボトルから出ている紐を水に漬けて、容器に近い部分の紐をほぐしてすこし水を通して使います。

水を入れたあとに若干水が漏れますが蓋をしっかりとすると止まります。

 

説明書も付いているので困ったことにはならないと思います。

市販品のアドバンテージ

・強度のある特殊繊維を使っている

間違いなくこれ!

私が作った奴に作っている100均の紐とは天と地の差があります。

触ると芯が通ってるみたいに感じます。あと厚みがある。

 

コオロギなどの強靱なあごを持つ昆虫にもかみ切られることはありません。フタホシコオロギで使ってみましたが即噛み切られる心配はないと思います。

継ぎ足し時に手が汚れない

使って1週間くらいしたときにきづいたんですけど、

手が汚れない

自作したら水を継ぎ足すときに糞まみれのゴム蓋を触らないといけないんですけど、市販品ならそうなりません。結構ポイント高いです。

 

コオロギやデュビアはツルツルしたところを登れないので蓋まで上がれないから綺麗なんです。

 

買ってすぐ使える

コレな。材料揃えて作る必要なし。

きちんと考えられて市販品になっているので、自作したときに設計ミスって困ったことになりません。

 

まとめ

今使っている給水器に不満があったりしませんか?

その不満、市販品と交換するだけでびっくりするほど解消されるかもしれませんよ!

 

特に

①自作が苦手な方(失敗したくない)

②水足しの時に手を汚したくない方

は買ってソンしないと思います。

 

そんな感じかな。

 

関連記事

【爬虫類の餌】 自家繁殖可能!コオロギの飼育・繁殖方法!床材や温度、産卵・餌について~
コオロギはペットとして飼育されている爬虫類・哺乳類にとって定番の餌です。乾燥コオロギも販売されていますが我が家では飼育している生きたコオロギをそのまま与えています。 初めのころはペットショップに週に1度通って少しずつ買っていたのですが、飼育数が増えるにつれて餌代が結構かかること...

 

コメント