もふもふ代表 カーリーヘアータランチュラ Brachypelma albopilosum

カーリーヘアータランチュラ Brachypelma albopilosum

カーリーヘアータランチュラことBrachypelma albopilosumは南米のコスタリカに生息しているタランチュラで、体長は7cm位になる比較的大きめのタランチュラのようです。

 

グーグルで検索をかけてみると、毛むくじゃらの剛毛個体や貧相な毛をまとった個体が入り混じってヒットするのはなぜなんでしょうね?

住む地域によって多少さがあるのでしょうか?ちなみに私の家で飼育している個体はコスタリカ由来の毛が多いタイプです。出所はお店を信用するしかないので決定的な情報が欲しい所です。

カーリーヘアータランチュラ Brachypelma albopilosum

あったかそうですね。脚にカールがかった薄桃色の長い毛が生えています。脱皮直後はもっと美しいです。写真ではこんな感じなんですけど実物はもう少し落ち着いた感じです。動きも比較的ゆったりとしていて、ふっくらもこもこしていて可愛いです。

 

飼育は高温多湿な環境を作ってあげて、飲み水と隠れ家を入れてやると落ち着いてくれます。餌食いもよくある程度の大きさになるまで成長も速いですので飼っていて楽しいです。たまに毛を飛ばしてくるのですが、私はまったく痒くありませんが痒いという方もいらっしゃるようですので、個人差があるようですね。

 

ある程度大きくなってくると画像のようにもこもこしてきてイイ感じになってくるので長く飼育すると楽しいですよ。ちなみに本種とメキシカンレッドニーなどを含むBrachypelma属はすべてサイテスⅡに指定されており、新たな野外品の入手が困難になっています。

 

そういう訳なので日本に入っている貴重な個体を大事にしていきたいですね。カーリーヘアーは特に好きな蜘蛛なのでいつかは繁殖にもチャレンジしてみたいです。

 

2018.5.20 追記

Brachypelma albopilosum - Theraphosidae
Brachypelma albopilosum Valerio, 1980, ook wel eens “Curly hair” of “krulhaar” genoemd, is een erg behaarde, maar prachtige vogelspin uit Costa Rica. Ook wordt ...

上記(海外サイト)で生息地の参考になるといわれていた動画を掲載します。

 

関連記事

ペットとしての蜘蛛 : タランチュラ飼育の概要 床材や飼育容器・餌について!

タランチュラの毒毛 (刺激毛)について。どれ位かゆい・痛い?

飼育しているタランチュラに与える餌: 与える頻度・種類・絶食した場合について~

コメント