カブトムシ 飼育

コーカサスオオカブトの短角

コーカサスオオカブトが羽化しました。 幼虫時の体重は長角になるのに十分だったと思っていますが、暑い時期に蛹室を作ってしまったので短角になっています。 蛹化前には黒土と腐葉土を混ぜた発酵マットを固く詰めていたのですがやはり暴れてしまいました。蛹化前の暴れを最小限に抑えてやらないと美...
タランチュラ

メキシカンゴールデンレッドランプ Brachypelma albiceps

メキシカンゴールデンレッドランプ Brachypelma albiceps メキシコに生息するタランチュラで、メキシカンサルファー、メキシカンゴールデンレッドランプとも呼ばれています。 1枚目の画像は4,5回脱皮をした幼体です。 大きくなると背甲部の赤色と黒い脚のコントラストが映えるカ...
サビイロカブト

サビイロカブト(セレベンシス)の飼育記録

サビイロカブト Allomyina pfeifferi celebensis 中部スラウェシ パル パロロ村 サビイロカブトの飼育記録 サビイロカブトの名のとおり、体色が錆びた鉄のような色をしているカブトムシです。表面には細かなビロード状の毛が生えていて、光の当たる加...
オーベルチュールオオツノカナブン

オーベルチュールオオツノカナブンの飼育・産卵・幼虫飼育について

オーベルチュールオオツノカナブンは、上翅がオレンジ色かレモン色のベタ塗り1色のタイプと、それらの色にさざなみの様な紋の出るタイプがいる色鮮やかなツノカナブンです。オーベルチュールハナムグリと呼ばれることもあります。 昔は標本でさえも入手こんな昆虫で、100万円以上の価格で取引されていま...
グーティーサファイアオーナメンタル

グーティーサファイアオーナメンタル Poecilotheria metallica

青い蜘蛛の代表格、グーティーサファイアオーナメンタルを購入しました。コモンネームが長いので種小名のmetallica(メタリカ)ってよく呼ばれていますね。 昔は非常に高価なタランチュラでしたがここ数年で値段も落ち着いてきたのでイベントで購入しました。それでも蜘蛛にこの値段は高いと周囲か...
サジマズブルー

サジマズブルー Pterinopelma sazimai

サジマズブルー Pterinopelma sazimai ブラジルに生息しているタランチュラです。生息地は色々と不安定な所のようで絶滅が危惧されているようです。 サジマイタランチュラだったりサジマズブルーだったりと色んな呼ばれ方をしています。サジマとさえ言ってくれればほぼ通じるのでどうで...
ジャイアントミルワーム

ジャイアントミルワームの飼育・繁殖方法!床材や温度、餌について~

以前にジャイアントミルワームの特徴について記事を作りましたが、長くなってしまったため温度や餌、床材は何を使うかなどといった飼育や繁殖の方法についてはこの記事でまとめようと思います。前回の記事はコチラ ↓↓ ジャイアントミルワームの特徴・販売店・価格について紹介! ジャイアントミルワー...
タランチュラ

ブラジリアンサーモンピンク Lasiodora parahybana

ブラジリアンサーモンピンク Lasiodora parahybana ブラジリアンサーモンピンクと呼ばれていますがそんな要素ほぼありません。腹部の毛がうっすら桃色という点でギリギリセーフといったところでしょうか。 ブラジリアンサーモンピンクは初めて飼う種類なのであんまりいうことな...
コバルトブルー

青いタランチュラ コバルトブルー Cyriopagopus lividum

青くなる蜘蛛って本当にいるんですよ。 コバルトブルータランチュラという名前で日本でも流通しています。青いタランチュラといえば、本種とグーティーサファイアオーナメンタルがよく話題に出てきます。 コバルトブルー Cyriopagopus lividum タイとミャンマーにコバルトブルー...
デュビア

デュビアが増えないと困っている方に読んでほしい記事

これ読めばデュビアをバチバチ増やせて大金持ちになれる、そんな記事のタイトルですがお許しください。デュビアが増えなくて悩んでいる方が一定数いるようなので、記事を作ってみました。 あ、自分プロじゃないっすからね、何年もデュビアを飼ってきて自分が間違っていたことを直していったら、デュ...